« 私のおかしな思い | トップページ | 平野綾さんの恋愛話 »

2010年8月 1日 (日)

眉山山頂阿波踊りポスター争奪戦

空の境界と東方Projectの阿波踊りポスターが1000枚配布された8/1。
http://www.awaodori-kaikan.jp/info/item.cgi?Id=49&Mode=awa

私が見た今回の騒動の顛末。

私は深夜12時に徳島に高速バスで到着しまして、
1時頃にTwitterで列形成されているとの情報を得まして、
タクシーで山頂に向かいました。

1時20分頃に登山時自動車道封鎖地点到着。
封鎖地点までで150台ほどの車両とスレ違いました。
(この時点で自動車以外に徒歩・タクシー・単車・自転車などで
眉山にいる人もいました。私もその一人ですが)

封鎖地点の警備員に何処に行けばよいかと尋ねると、
山頂の広場の奥あたりで待機していれば、列形成時にそれに入れば良いと
何とも不安で曖昧な回答。

とりあえず、その指示に従い山頂広場で待機。
封鎖を突破した車両が10台ほど(観光と言えば封鎖地点突破可能だった)
私のように自家用車以外での方々を含めて50人ほどが山頂で逗留。

動きがあったのは3:45頃。
突如封鎖地点から自家用車待機組と思われる方が列をなして
300人ほど登ってきました。
(封鎖地点の警備員さんから登れとの指示があったとのこと)

しかし、山頂広場では列形成さをされる段取りも予定もなかったので、
現場の警備員さんは戸惑うのみ。

ああだこうだと押し問答になり、現場の警備員さんには当然決定権もないので、
主催で責任者たる観光協会の人を出せだの
警備員さんは自分の場所たる車に戻れというものの、
(私のような)車でない方法で来ている人は戻る場所がないので、
その呼びかけに応じることは出来ないだの色々と

4:15頃でしょうか。その前から騒がしくあっちへこっちへ右往左往していた
観光協会の人は、この列を正式な待機列にすると公認発言。

<注意・ここからは私が後ほどの話を聞いての推測です>
<推測ここから>
封鎖地点前の人々は上に行った人間がいたけどどうなるのかと押し問答
結局封鎖地点から車の並び順に列形成し、車以外の手段の人はその中に
適当に割り込んでいくという状態。
(前の車の乗っている人間が誰であるか後の車の人はわからないし)
で、おおよそ1000人というところで列を切ったのか????
(↑これは本当によく分からない)
<推測ここまで>

4:30頃には封鎖地点の人の分も列連結されました。
この間に前にいるグループはメンバーを横入りをしていましたが、
誰も咎める人なく野放し状態。
5:00頃から列が動いて配布するための場所移動。

5:15頃から整理券配布開始。されど先頭集団の何人かは
ループという手に出た模様。

<この時点で列の人数は800人強と、1000人には達していなかった模様。
これが待機していた人数を全て連れてきて
この人数だったのか、前述のように列を切ったのか不明。
しかし、列打ち切られた方の話があるので、
前述のように列を切ったと私は推測。列を切られた方は諦めて帰ったのか、
それとも打ち切りから封鎖解除の僅かな間に山頂広場に来ていたかは
私が理解する限りでは不明。
山頂広場に居た私としては列を打ち切る様子は見なかった。>

で、整理券配布完了は後ろに200人ばかり人を残した状態で、
「終了しました」宣言で終わりました。

大量の整理券貰えない人を発生させ、徹夜組尚且つゴネ得が通用した今回の配布。

一枚送料込み3000円ほどで通販したほうが良かったのではないかと
思いつつ、私は徳島を後にしました。

(私は今回偶然展開が私にとって有利に動いたので、
幸運にもポスターにありつけましたが、何とも後味が悪いです)

|

« 私のおかしな思い | トップページ | 平野綾さんの恋愛話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

ツイッターからお邪魔します。
読ませていただきました。
個人的には、いろいろと突っ込みたいのが正直なところですね。


目当てのものなら決まり・マナーなんか関係ないっいう人が多いってことがわかりました。

あと徳島観光協会はこの手のヲタクを舐めすぎですね。過去のマチアソビの反省をできてないようですね。

投稿: たい | 2010年8月 1日 (日) 20時40分

ツイッターからきました!

私は車待機していて、4時30分すぎても何も言われないんで、通行止め地点に行くと、150人前後が車を降りて集まっていました。

山頂で配り始めたと聞いて、「5時前に並んだ人に配らないと言ったのになんで配ったんですか?」と私を含め多くの方が怒りはじめました。

「車待機の人に先、配るべきでしょう?」と言うと1人のスタッフに「自家用車で来ないでくださいと言ったはずです。車は関係ありません。」と言われました。

しばらくするとスタッフの方がいきなり「整理券を配るので並んでください」と言い出し、通行止め地点で配りはじめました。

(この時間に車待機していた人には警備員が「早く並んでくださいよ。」と言いに来ただけでした。)

私は急いで並んだんですが、私の数十人前で無くなりました。

スタッフは配り終えると「終了でーす」と言いながらすばやく帰って終いました。

正直に5時に来た人は整理券貰えず、スタッフを追いかけて苦情言っていた人もいたようです。

ゆっくりしていった結果がこれだよ!

投稿: ちひろ | 2010年8月 1日 (日) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私のおかしな思い | トップページ | 平野綾さんの恋愛話 »