« 普通に良かった | トップページ | efプレイ中 »

2010年4月20日 (火)

茅原実里さん大阪公演2日目

1日目よりも良かったですよ。でも75点が80点レベル。
選曲の優越の評価加点はなし。

しかし、最終曲前のMCを評価します。
ただ、それ以外のMCが7割方一日目と同一なのは
常連さんへのお気遣いをして欲しいものでしたが。

物販が1日目と天地の差ほど楽だったことは追記します。

総括話。前置きしますが、私は茅原実里さんのファンですよ。
現時点での唯一のFC加入はm.s.sです。
あと、厚顔無恥な門外漢の馬鹿の戯言なので、
多分この長文を読む価値はないかと。

まず、会場内の推定7割~8割がFC会員と推測されるのが
何とも・・一見さんがいたのかどうか疑問・・・
「涼宮ハルヒの消失」公開直後で長門有希人気が上昇し、
それキッカケでの一見さんが多くなっていることだろうと言う
私の目論見は見事に外れたわけで。

物販が多少厳しいのは、声優コンサートではよくあることなので
それは大して感慨もなく。

コンサート本編のことが本題。
何とも、淡々と進んでいる感じしか見受けられない。
選曲も衣装も色々悩んで考えて、私が構成したという趣旨の
発言が茅原実里さんご本人からありました。

でも、私個人としては選曲もご本人の選択に対して
何ら文句をつけるなんてことはしませんが、
少なくとも衣装については「こだわった結果がコレですか?」と
私は感じました。

ハッキリいいますと「何のこだわりも感じられない」

何処をどうこだわったのか私には伝わりませんでした。

演出に関してはご本人の範疇外でしょうが、
一番気になったのが、レーザー光線が目立ちすぎ。
次にステージ上の構成物が少なすぎ。階段があり、上舞台がある。
それだけですか?

例えば、何かのオブジェを置くとかなにか欲しかった。

MCが余り上手でないのはいかんともしがたいので、省略。

最後に、観客のノリがパターン化しすぎ。
同じ「はーい・はーい・はいはいはいはい <みーのりん はい>×3」を
三曲くらい使いまわすのはどうかと思いますよ。
それと、サイリウム(ペンライト)の色変えるだけで、
違う曲を聞いている感じがしない。

かいつまんで言えば
「全部が微妙だったので、私として本当に平均点の<普通>としか
言えない2公演でした」そんな感想。

追伸・ツアートラック裏楽屋口に駐車されたら撮影できないじゃないか。
なんのために作ったのかとすら思います。

何なら入り口横にドーンと停めておいてください。

|

« 普通に良かった | トップページ | efプレイ中 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普通に良かった | トップページ | efプレイ中 »