« 20年前 | トップページ | 夢のような状況ですな »

2010年2月15日 (月)

ELISA/Rouge Adolescence 発売記念 いちにち店長イベント@大阪

いちにち店長イベント。
私が記憶する限り、彼女が大阪でインストアイベントするのは
三回目ですが、1回目が握手会+ミニライブ@ディスクピア日本橋
2回目がミニライブ@ゲーマーズ難波(実際は握手会もありましたが)
今回3回目がいちにち店長なので、毎回名目が違うなあと思いますが。

開場10:30開演11:00となかなか早い時間からのイベントで、
私がアニメイト日本橋に到着したのが10:25だったのですが、
ちょうどELISAさんが階段を降りて、店内スタッフに挨拶回りしている最中で
階段から降りてくる彼女に挨拶の一つでもすればよかったのに
心の準備が出来ていない状態で、ELISAさんに遭遇して、
不意をつかれた状態のまま、彼女とすれ違う自分のチキンさ加減に
つくづく嫌になりましたが。

(とはいえ、他のイベント参加者誰も声掛けてはいなかったから
それで良かったのかもしれませんが)

参加者数は40~45人程度で、前回インストアに比べて
人数が減っているのが若干気になりますが、
イベント内容(前回ミニライブで今回名刺お渡し会)が内容なので
しょうがないかなと。(生歌聞きたい人>お渡し会行きたい人)

まずはELISA店長からのご挨拶。

関西弁でご挨拶のハズなのですが、当然使い方がおかしいわけで、
おかしいことに対して笑いが起きますが、ELISAさんは
「なんで笑うのー」となります。(当たり前ですが)

「今回は普段の握手会と違って、ゆっくりと話したいから、
なにか話してください。好きな曲でも、ELISAを知ったきっかけでも」

というわけで、普段と違ってかなりゆっくりとした握手会イベントになりました。
一人持ち時間1分。
私は言いますと、ELISA日和(彼女の公式日記)を見て、
そういう内容だと気づいたので、イベント開始前から話を練って
(というほど大したものではないけど)彼女とお話しました。

(私が何を話したかは割愛)

バレンタインというわけで、プレゼント渡す人も居ました。
(コスプレの人が居ましたが私はそれを見て、衣装と髪のカツラの色が
一致していないことが気になったのですけど。
カツラをかぶるなら正解の色にして欲しい。
ないならカツラかぶらない方がマシ。
男性で常盤台中学の制服なのに、何故か茶髪でなく水色髪。
それとも脇役キャラのつもりだったのかな?)

握手会イベント終了後、CD手売り。3000円以上ならポスターも。

その前に終了のご挨拶があったのですが、
挨拶中にアニメイト日本橋スタッフさんが、深くうなずいた返しで
背後の金棚に頭をぶつけ(というか、何故ぶつける?という状況だったが)
ELISAさん含め全員の注目を浴びると言う「一番おいしい」ことを
やってのけました。(「あとで対処します」と適切な対応をするELISA店長)
エプロンに入っているクマのぬいぐるみは副店長で、
机の上に出したものの、マイクのコードに引っかかり、
投身自殺していました。

誠に申し訳なく、予算の都合上手渡し会には参加せず、
ELISA店長にサヨナラの手を振って、アニメイト日本橋を後にしました。

その後のアニメイト天王寺にも、一応行くだけ行きました。
参加券ないのに。

天王寺は参加者がさらに減って25人。
日本橋のみ参加30人。両方参加15人。天王寺のみ参加10人。
というところでしょうかね。

(一応言っておきますが、カウントしてませんよ。大体の憶測の域)

<私自身遠目からの参加なので、レポになっていませんのであしからず>

参加者がさらに少なくなった分、一人一人の持ち時間もまた延びた
感じもしました。

開始のご挨拶が「大阪最後のイベント」という何か卒業ライブみたいな
ことをおっしゃっていましたが。

日本橋と違って、隔離されていないオープンスペース(と言っても
仕切りがあるから、全く見えませんけど)だったので、
道行く人がELISAって誰?という会話が幾度と繰り返されていました。

<私はレールガンのED歌っている人と説明して分からないから
それ以上説明しようがないなと思った次第ですが>

アニメイトのスタッフさんも「レールガンのEDを歌っていらっしゃる」という
説明を付け足して客引きしていたのが妙に印象的でした。

最後のご挨拶は、締めの「えーりさー」コールを忘れるという
故意か意図的なものなんか分からないことをしていました。

正直反応しづらかったですが(汗)<部外者なので尚更>

一応後方からコールだけはしておきました。

あとは日本橋と同じく御手渡し会。
これまた一人1分とじっくり対応なさっていました。

終了後、足早に名古屋へ向かうべく去っていくELISAさんでした。

とまあ、ELISAさんを追っかけました。

アニソン歌手数あれど、ここまでファンとの距離が近くて
頻繁に大阪でイベントしてくださる方は他にはそう居ないので、
(そもそも大阪でイベントが有る事自体が希少なのですが)
本当にありがたい上に、どんどん彼女のことが(ファンとして)好きになりますね。

<個人的見解・歌手デビューするまで、このアニメ業界を知らなかった
からこそ、彼女はあまり偏見を持たないままにファンとふれあって
いるのかなあ・・・と思いますね。(かなり恣意的で理想論な見解で申し訳ない)>

また大阪でイベントをお願いします。
大阪でライブは・・・この集客数を見ていると現実的に困難かな・・・
と思いますね。勿論実現して欲しいと切に願っていますが。

最後に、気になった彼女の発言を2つ。

(スタッフさんに)「ファンクラブまだー?」

コッソリ言ったつもりが、私たちに丸聞こえでしたが。
スタッフさんは焦りつつ計画中としか言えていませんが。

「私本屋さんでバイトしていたとあるからレジ打ちも頑張ってするよ」

ちょっと待って下さい。何時何処で???
高校生時代ですか?あなたデビューしたのが16才の頃でしょ?
そりゃそうそうプロとしてお金貰えるもんじゃないから、
バイトしているのはごくふつうのコトですが、初耳ですよ。

以上。参加した皆様お疲れ様でした。

追伸・アニメイト公式を見ると、
日本橋店分 三宮高槻・姫路・布施京都・川西・京橋は整理券配布終了
になっているので、あれだけしか来なかったの?

|

« 20年前 | トップページ | 夢のような状況ですな »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20年前 | トップページ | 夢のような状況ですな »