« 昨日今日あたりの購入品 | トップページ | 別にいいんだけど何故大阪で? »

2009年10月 3日 (土)

趣味なのか?

椿みゅう「女流作家 ~プライベートでもこんな格好して外出しちゃいます~」

やっと友人から借り受けることができたので鑑賞しました。

最近私、椿みゅうさんこと桐島りおなさんの作品ばかり見ているね。

(個別記事にあげるほどでもないからついでに書きますが、

石原絵理子さんの作品も見ましたけど、本人はともあれ、

AVとしての内容的には微妙でしたね。何しろ7年くらい前の作品なので

古臭いというのもあるのですけど。)

さて、それでは視聴感想なのですが、

冒頭のインタビューで、

タイトルの都合上衣装の事の話をしているのですが、

秋葉原でもこれに露出を抑えたような衣装で歩いている。

とかおしゃっていますが、完全に社交辞令ですよね。

(当然だがこれは完全に家内専用衣装。冗談だろうが、

衣装に男性の体液つきっぱなしだそうです。洗濯できないから)

実に8分経ってから名前を聞かれ、源氏名を答え、

7歳ほどサバを読んだ年齢を答え、仕事は?聞かれ、

「おっきい声で言えないけど、

趣味で絵を描いてます。あと普通のバイトをしています。

(絵を描くことには)全然関係ない。(バイトですね)

(絵を描くのは)仕事というより趣味ですね。」

何しろ無知なので、同人作家ってどれ位稼ぐことが可能なのかは

全く想像付きません。

(一応彼女は1割ちょいしかいない黒字サークルだとは思いますけど。

<同人は利益率は高いが、あくまでそれは売れればの話なので>)

しかも彼女の暮らしぶりはブログを見る限りでは中々に贅沢なように

感じますので。彼女の個人的事情はさておき(本当に何の話だ)

閑話休題。

今回の作品は衣装に重点が置かれていることもあって、

フリルとかがある「甘ロリ」と言いますか、

そういうのが好みなら更に楽しめるかと。

着衣のままの本番があるので、ポイントは高いです。

初めの衣装とは別衣装の黒いものを使われています。

今作は淫語は前回に比べると控えめです。

<胸もみシーンが長い目ですね。衣装で強調されるせいか>

(その分演技をごまかし切れていないように私は感じました)

全体からすれば、「本当にあった」よりは良く、

「デビュー!」よりはやや悪く感じました。

(「デビュー」は初回優遇があるので、実質的には差はないです)

さてさて次回はどんな作品が出来上がるのでしょうかね。

|

« 昨日今日あたりの購入品 | トップページ | 別にいいんだけど何故大阪で? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日今日あたりの購入品 | トップページ | 別にいいんだけど何故大阪で? »