« 眉山山頂秋フェスタ×マチアソビ 2日目 | トップページ | 眉山山頂秋フェスタ×マチアソビ 戦利品 »

2009年10月16日 (金)

眉山山頂秋フェスタ×マチアソビ 3日目

昨日遅かったのでゆっくりしたいものですが、そういうわけにもいかず、

7時前に起きまして、早々に東急イン徳島を後にしました。

とりあえず様子を伺おうかと9時過ぎに山頂に行きますと、

既に豊崎愛生さんのイベントの待機列ができていました。

しかし、此処で延々6時間も待つのはつまらないと判断し、

偶然遭遇できた豊崎愛生さんのリハ風景と

リハ終わりの車に乗り込む風景だけ目に焼き付けまして、下山しました。

そこから、ボードウォークに舞い戻って、

12:00 ライブ③(阿久津加菜さん・五十嵐裕美さん)
12:20 虎の穴ラジオ③ (五十嵐裕美さん・森谷里美さん・阿久津加菜さん)

を鑑賞。

相変わらずゆきんこ(五十嵐裕美さん)が歌詞を間違えるのはご愛嬌で。

でも、本当に澄み切った青い空で気持ちよかったですよ。

Dscf1687

ラジオの方は言いますと、まきまき(坂巻学さん)が

やたら無茶ぶりをされておたついているのを弄ぶアクタス(阿久津加菜さん)

という感じです。

観客も50人くらいいたので初日よりは多かったです。

何故だか通りがかる船が時々接近してきました。

<余談。膝隠しがなかったもんだから、

3名様の太腿に悩殺されそうでしたけど。

特にアクタス(阿久津加菜さん)・ゆきんこ(五十嵐裕美さん)>

ラジオ公開録音後は足早にロープウェイに乗って山頂に向かいましたが、

やはり乗り場で若干の足止めを食らってしまい、

山頂のメインステージに辿り着けたのは、13:40ごろでした。

既に「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」トークライブが

始まっていまして、後方から鑑賞したのですが、

こんな真昼間の明るい時間でプロジェクターで投影したスライドが

見えるわけないでしょうが!

手を眉に当てて辛うじて見えるか見えないかの領域。

予てから噂されていた「アニメ化」というのはないみたいです。

もしアニメ化されるなら?という軽い気持ちで、

このキャラはどの声優がいい?というアンケートを取ったそうです。

昨日までホテルで次巻の製作を伏見さんはしていまして、

脱稿したので順調にいけば来年の1月ごろに発売になるそうです。

その後がメインの豊崎愛生さんトーク&ライブだったのですが、

「&」はいらなかったですね。「トークライブ」です。

しかも、豊崎さん椅子に座るものだから、後方からは全く見えない。

で、見えないだけならまだいいです。聞こえない。

周囲がうるさいせいなのか、スピーカーの音量が小さいのか

良く分かりませんが仕方なく前に行って、

声だけでも聞こえるようにしました。

近くにけいおん!の単行本とムギちゃんの麦茶を持った、

(推定)中学生と小学生高学年の姉妹とお母さんがいましたが、

何ともいたたまれなかったです。

ごめんね。お兄さんたちこんなに必死尚且つ不気味で。

何とも声優さんのファンの世界の現実にさぞかしショックだったと思います。

(恐らく近隣在住住民でしょうし)

歌は1曲だけで、しかも静かな曲だったのでペンライト持っていた人は

何とも肩透かしを食らったことでしょうね。

(余談・声優ファンの中ではUOと呼ばれるものがあります。

これはウルトラオレンジ<UltraOrange>の略称で、

とても発光量が多いペンライト<サイリウムとも言います>です。

しかし、5分程度しか発光が持たないので、

盛り上げどころの「ここぞ」と言う時に使います。

そのUOを20本くらい持っている人がいましたが、徒労に終わりましたね)

(余談の余談 人によりますが、すごい人は1回の120分のコンサートで

20本程度サイリウムを消費する人もいます。

サイリウム1本150円程度なので、3000円も余計に使うわけです。

個人的には使い過ぎは良くないと思っています。お金ももったいないし、

サイリウムは再利用できないので、ゴミになります。

ですから、環境にも良くないです。)

トークライブとしては良い内容でしたけど

(生キャラ声も披露してくれましたし)歌を期待した人にとっては

何とも・・という感じではなかったでしょうか。

豊崎愛生さんトークライブ終了後はこれまた前日と同様に

速やかに山頂から離脱しました。

ライブ終了が15:45頃で、帰りのバスが17:40だったので、

ロープウェイ一時間待ちとかになると乗り遅れかねないのです。

ロープウェイで麓におりまして、徳島駅前にて麺王というお店で

名物の徳島ラーメンを食べて、帰途に就きました。

統括すれば、とても楽しかったです。

でも、山頂と麓の移動の問題は解決してほしいなと思います。

有料にしてでもシャトルバスを増やすべきです。

あと、登山を推奨するのは危険だと思います。

あれは本当にきついです。

事故が起きてもおかしくないような山道ですし、

当然途中に自販機もないです。引き返したくとも引き返せない。

普段歩きなれていなかったら、私もへばっていたことでしょう。

(正確には登り切った時点で息も絶え絶え、汗だくでしたが)

天候にも恵まれ、たくさんの関係者、来客にも恵まれて、

今まで味わったとことがない良きイベントでした。

それなりには地元に貢献できたと思っていますし。

次回は2月ごろすると近藤さんはおっしゃっていましたが、

寒い時期はちょっと足が遠のきますね。。。。

|

« 眉山山頂秋フェスタ×マチアソビ 2日目 | トップページ | 眉山山頂秋フェスタ×マチアソビ 戦利品 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眉山山頂秋フェスタ×マチアソビ 2日目 | トップページ | 眉山山頂秋フェスタ×マチアソビ 戦利品 »