« 03への道 | トップページ | その後の私 »

2009年6月28日 (日)

疲労困憊を超越しました

http://areamap.jp/project/event/event005.html

諸般の事情により(鳥インフルエンザ騒動)延期されていた

いとうのいぢさんのサイン会が昨日6/27に催されました。

参加条件は3つあり、

1つ目は100台限定の10万円の音々ノートパソコンを購入すること(3店舗限定販売)

<30人>(サイン会整理番号1~30)

(そのうち30人のみがサイン会参加。残り70人は後日サイン色紙送付)

2つ目は60枚限定の3990円の音々Tシャツを購入すること

<30人>(サイン会整理番号31~60)

(先着30人のみサイン会参加。残り30人は抽選券1枚授与)

3つ目は当日11時からの抽選会参加した上で当選者

<90人>(サイン会整理番号61~150)

(スピードくじ。三角のくじでめくるタイプのシンプルなものです)

(協賛店での500円以上のレシートが抽選券となり<500円以上なら10000円でも1回>

または音々ちゃんグッズ1個ごとに抽選券1枚もらえます)

というものです。

私の事前予想。

Tシャツは早朝で30人に達してなくなるだろうが、

パソコンはサイン会分の30台こそすぐ完売するでしょうが、それ以上は売れ残るだろう。

それは大いなる読み違いでした。

ここからは私が現実に見た事実です。

疑っていただいて構いません。でも私は確かに見ました。

6月26日21時30分。私は一応の様子を見て、

ゲーセンでゲームしてから徹夜して並ぼうかと思っていました。

ジャングル前で私が見た光景は、既に20人ほど並んでいるではありませんか。

これはまずいと思い、慌てながらも冷静に今いる人数を数えると、

20~22人ほどで、今ならまだ30人の枠に入れる状況でした。

致し方なく、私は行列に並びはじめました。

まだ整理券が配布される時刻からみれば12時間以上あるのにですよ。

私の後にも何人か並んでいき、12時間前には30人の枠が無くなってしまったようでした。

それからは長い長い待機時間の始まりです。

前にいる集団(2つのグループがあるように見受けられました。)は

えらくメンバーが入れ替わり立ち替わりで、

実際に何人が並んでいるのかということすらよくわからない状況でした。

私は深夜12時過ぎに一息入れようと、近くのセブンイレブンにお手洗いを済ませて、

ふと気になって、前段の音々ちゃんPCに並んでいる人はよもやいないだろうなと

Faith(メロンブックスの下のPCショップ)に行きますと、

何と20人ほどが並んでいるではありませんか。

残りの2店舗にもそれぞれ既に15人ほどが待機しており、

何と徹夜組でサイン会参加チケット終了という大惨事。

自分自身もそうである以上、何ら批判する資格がないどころか、

寧ろ批判されて然るべき立場なので何にもいうことはできません。

でも、これだけは書かせてください。

「お互いの得にならないならやめましょう」

(あと、鈴平ひろさんのサイン会のための列も20人程度いました。

実にのべ約100人もの人間が日本橋で徹夜行為をしていたわけです。)

さて、利己主義の塊の私たちはそのまま夜を明かして、目的物を強奪しました。

(人によっては複数の列を兼務して、目的物を複数手にした人もいました。)

<あと、30人の線引きがあいまいで、最終的に1~2ずれた気もします。

私が来た瞬間(夜9時半ごろ)に前にいた人数と、確保した整理券の番号は

+1だったので、前の集団は入れ替わりがあったものの人数は同じだったようです>

その後、飲まず食わずな私は近くのマクドナルドで食事をして、

アニメイトなどでいくつか買い物をして、サイン会の開始を待ちました。

(抽選会の模様は言いますと、前述したようにスピードくじを引きまして、

10枚抽選券を持っていても、1枚目で当たりが出ればそれで終了。

開始は11時10分ごろで、終了は12時15分ごろでした。外れた人には缶バッチ進呈)

かくゆう何だかんだあってのサイン会。いとうのいぢさんご本人と対面です。

私は当然宛名は本名にしてもらいましたが、

よく分からない恣意的な宛名を試行錯誤した揚句に

のいぢさんに指定していた人もいました。

<あと、道路脇でコンサート会場の前のように

「サイン会整理券売ります」という紙を持っている人とか>

私はのいぢさんにお会いするのはストリートフェスタ以来なのですが、

相変わらず親しみやすい関西人という雰囲気をお持ちですね。

本当にありがとうございました!

でも疲れました・・

|

« 03への道 | トップページ | その後の私 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 03への道 | トップページ | その後の私 »