« 思い出す日はない。忘れたことがないから。 | トップページ | 東京を堪能 »

2009年5月 7日 (木)

いい加減にしなさいよと抗議の声が

思いっきり納期一日遅れのGW東京遠征のお話を。

3日の朝一の飛行機に乗りまして、伊丹空港から羽田空港に降り立ちました。

物販があるだろうと。しかも、朝から並ばないとね。

そんな気持ちで早い時間に行ったわけですが、

残念ながら物販は皆無に等しい内容だったわけで。

そんなわけで、物販の始まる15時までは

先にホテルに言って荷物を預けたり、

秋葉原にて明日購入する物の下見をしたりしていました。

そうして、一応パンフレットを確保した後渋谷のまんだらけに行ったりしていました。

ようやく入場です。

「喰霊 THE LIVE」

<少しだけ余談。妙に茅原実里さんとは縁がある。

平野綾さんも水樹奈々さんも一度単独コンサートに行きたいと思いつつ、

未だ叶っていないのに、茅原さんだけは時期良くコンサートやイベントの日が

休みだったりチケットが取れたりするので、少しだけ縁を感じます。中二話終了>

整理番号は550番台とまあまあの番号。

・・で、オールスタンディングのイベントなのでなるべく前の方に行った結果、

前から3列目の右側に陣取りました。正直結構な好ポジションです。

初めはラジオの公開録音ということで、

水原さん茅原さん白石さん+監督のあおきさん、シリーズ構成の高山さんの

軽妙なトークと時として自由すぎるトークも挟みつつで1時間ほど楽しみました。

その後がお待ちかねのライブです。

(その間の白石さん、高橋さんのつなぎも面白かったですが。

まさかあんなものまで投げるとは・・というかバラバラになったようですが)

一曲目の飛蘭さんの「Dark Side of the light」だけでもう私にとっては感涙ものですよ。

本当に。もう聞き惚れましたもの。そんな私の前に次に現れたのが、茅原さんです。

もう一瞬にして会場のボルテージは最高潮!

皆さんがみのりんに駆け寄ったすきを狙って、

私は斜め右(みのりんとは逆方向)に展開しまして、何と最前列を獲得!

(若干狙ってはいましたがうまく入り込めました。自分の中で和田さんもビックリな

<実際の彼はそれの比なんてもんじゃあないそうですが>位置を取れた会心でした。

余談ですが、そんなことをしたものですから隣人の潰しに

<足を引っ掛けてこけさせようとにかかってくる

→左手はバーを握り締めていてに、足はすぐに戻して回避

サイリウムを振るなと言ってくる→別に初めからそんな振る気はなかったですしね。

後ろから圧をかけて飛ばさ(ジャンプさせない)ないようにする

→いやだから初めからそんな飛ぶ気ない。俄かだからノリもよく分からないし>

モロ遭いましたが、そんなことは構わずみのりんの曲を楽しみました。

もうそこからは一曲一曲に心動かされましたよ。

あのシーン、このシーンが曲を聴くごとに思い出すのです。

勿論CDを聞いていてもそうなることはできますが、

そこはライブならではです。

まず生歌。これだけでもすごいのに、

推定2000人と一緒に曲を聴き共感していくのです。

こんなにたくさんの人と気持ちを共有できるのはすごいことですよ。

使い古された表現しかできなくて歯がゆいです。

特にアンコール最後の曲なんて書き下ろし新曲ですよ。

もう涙涙です。音楽聴いて涙する。思い出したらまた涙が出てきます。

第一話は衝撃でしたが、そこから最終話まで(私にしては珍しく)毎回楽しみに

完走できましたもの。

この作品だけでも素晴らしかった。音楽も素晴らしかった。

でも、正直言って見た人の評価は高いけど、

全体なら見ればメジャーな部類のアニメ作品ではなかった。

それなのに、このLIVEを企画・催行してくれたこの奇跡に私は心から感謝します。

◆セットリスト
01.DarkSide of the Light (飛蘭)
02.Paradise Lost (茅原実里)
03.ここから、これから。 (サリヤ人)
04.Unusual Days (美郷あき)
05.Reality awake (yozuca*)
06.永遠 -TOWA- (瀬名)
07.霊喰い (妖精帝國)
08.Distance point (飛蘭)
09.Blue Butterfly (Riryka)
10.鎮魂の旅へ (飛蘭)
11.delight and alive (水原薫)
12.勇気の鼓動 (茅原実里)
13.AI (yozuca*)
14.if (飛蘭)
15.Reincarnation (yozuca* & 飛蘭)
16.夢の足音が聞こえる (水原薫)
--ENCORE--
E1.sentimental cool (茅原実里 & 水原薫)
E2.ふたりしかいなかった (茅原実里 & 水原薫)
E3.優しい言霊 (yozuca* & 飛蘭)

セットリスト引用元

http://verdy.way-nifty.com/verdy/2009/05/---the-live-9b1.html

|

« 思い出す日はない。忘れたことがないから。 | トップページ | 東京を堪能 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出す日はない。忘れたことがないから。 | トップページ | 東京を堪能 »