« 夏が過ぎ 風あざみ | トップページ | 夏の思い出 »

2008年8月30日 (土)

はじめてのコミックマーケット レポート初日編

大阪府在住の私は、前日のうちに上京しないと勝負にならないと思い、

(一応予備知識で、始発で行かないと勝負にならないと聞いたので)

前日の飛行機で、東京に降り立ちました。

前日は、秋葉原を徘徊してからホテルに行きました。

唯単に秋葉原に近いという基準のみで選んで、神田に宿をとりました。

まあ、結論から言えば大いに間違いだったわけです。

やはり国際展示場へ交通至便な場所にしないとなかなか厳しいようです。

当日、朝3時半に起床しました。(起きる時間じゃあないよね。普通は)

身なりを整え、いざ出発。

初日なんで、素人が故の無意味な重装備。

カート+肩掛けバッグ、水500m×3、タオル3枚、飴、カッパなど

事前に5000円チャージしたsuicaを片手に、

財布の中は1000円札50枚、500円玉10枚、100円玉も50枚、一万円札が6枚ほど。

(最終的にはほぼなくなりましたけど)

早朝からこんなに人がいるのは見たことないぞ、てな感じで、

神田から東京駅に行って、京葉線で新木場まで。

そこからりんかい線です。ここで驚きましたね。

こんなにホームから溢れ出しそうなほど人がいるのかと。

国際展示場の駅でもう、烈火の如くとか蜂の子を散らすという言葉でも

言い表せないほどの勢いで人が下車してゆきます。

半ば流されつつも、なるべく前へ急いで降りてゆきました。

(そもそも座席に座ること自体無為だった。無為どころか失策)

東西の分かれ道で、企業ブース目当ての私は迷わず西へ。

一面人ひと人で、座り込んで6時前から9時過ぎまでその場で待機。

PSPとかDSとかのゲーム機をしている人が多かったですが、

よく炎天下の中できるな・・と思いました、かくいう私もDS持っていましたが、

とてもできるような気持ちにはなれませんでした。

持ってきた漫画本を普段の1/3ペースで読むのが精一杯です。

そんな感じで、どうなるかという期待を不安を抱きつつの開場待ちです。

どんな順番なのかは知りませんけど、サークルチケット組とか徹夜組とか

色々な先行組が入場した後に私たちが入ります。

いざ会場入りして、目当てのブースの待機列何処だ何処だと探しながらの移動。

程無く、なのは・minori・フロンティアワークス・音泉の待機列を発見できました。

私にとっては なのは・minoriの2択です。

でも、そこは予定調和にminoriを選択。

私的に なのは<ef なので。(と言うか、そもそもがminoriが主たる目的だったし)

ところが、なかなか列が動かない。

(後にそれには事情があったことをminori公式で知ることになりましたが)

でも、隣のなのはの列はもっと動かない。

というか、11時前には早くも列打ち切っているし。

(しかも、商品ないかもと繰り返しスタッフがアナウンス<実際なかったし・・酷い。。>)

ああだこうだと2時間程度待機。その間に次々と売り切れる商品。

何も出来ない私(というか、何かできるわけないけど)

それでも、幾らかの戦果を挙げてminoriの購入完了。(個人的には65点)

そこからは一気に自由行動の時間になるわけです。(13時過ぎごろから)

(何を買ったのかということは8月19日の戦利品の日記参照)

つくづく規模の大きさに感心しつつ、色々な商品を物色している間に

あっという間に17時になってしまいました。

今となって悔やまれるのは、

なのはStrikerSのサウンドステージと

アニプレックスのセキレイセット買っておけばよかったかな・・・

17時になり、ホテルに戻らなければならないのですが、

今度は帰りの電車も大混雑。

これはどうしたものかと。

結局、痛車見るついでにゆりかもめの有明駅まで歩きました。

大量の荷物を狭苦しいゆりかもめの座席の脇に置くという、

大変傍迷惑なまま帰ったわけです。

ところで、台場駅でフジテレビのお台場冒険王帰りの人が

既に満員になっている電車に乗り込み、

尚且つ(一般的に見れば)異質な人々が多いもんだから、

さぞかし面食らったことでしょうね。

ホテルに戻り、荷物を置いてから夕食を買いに東京駅に。

夕食を食べたのち(既に19時半)、持ち込んだPCで2chの同人イベント板で

色々と情報収集していると、初日の惨状を知ってちょっと嫌になりましたね。

なのはとLeafの惨状とか。

その後大浴場で汗を洗い流そうとしたのですが、

蛇口の扱いが良く分からなくて、シャワーの湯が出ない!

水の冷たさに我慢しつつ、寝る前にコンビニで明日の朝食用のパンを購入。

(夏場だから、おにぎりよりパンの方が傷みにくそうだということで)

そんな感じで人生初のコミケ1日目は終了。

|

« 夏が過ぎ 風あざみ | トップページ | 夏の思い出 »

コミケ コミックマーケット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏が過ぎ 風あざみ | トップページ | 夏の思い出 »