« 無意識という意識 | トップページ | ALIVE »

2008年3月16日 (日)

時の移り変わり

久々に恵比須町に行きました。

昔はよく行っていたのですが、(テレビゲームソフトのために)

最近は(アニメ・まんが)所謂オタロードといわれる、

恵美須町よりも難波や日本橋が近い場所によく行くので、

行かなくなりました。

もっとも、少し前(4~5年ほど前かな?)は恵比須町に

とらのあな(東京資本の最大手同人誌販売店)があったのですけど。

(その当時はそちら側には興味なかったのです。)

余談ですが、今でもはっきり覚えていますが、

私が人生で初めてとらのあなに行ったのは高校2年生の頃で、

(その頃はヤマギワソフト大阪店もあった)

仲の良かったFくんが高校から、(今もある狭い階段を上がった2階の)とらのあな難波店に

連れて行ってくれたのです。

<当時からFくんは美少女ゲームに詳しかったのです。

最近は連絡取っていないけどどうしているのかな?>

そのころは漫画本にビニールかかってなかったから立ち読みし放題でした・・・

閑話休題。

まあとにかく、私が中学生くらいの頃からちょくちょく恵比須町に行っていました。

至る所に、ジョーシンとニノミヤをはじめとした家電量販店があって、

ナカガワ無線・マツヤデンキなどもありました。

スタンバイ・ソフマップといったパソコンショップも既にいくつもありました。

ソフマップに行って、ゲームソフトをウィンドーショッピングするのが

私の何時もの行動パターンでした。

たまに(2、3カ月に一回くらい)中古のゲームソフトを買っていました。

時が過ぎ、わたしはあまり恵比須町に行かなくなりました。

でも、その頃見ていた街並みの景色はまだ覚えています。

そして、現在。

何度もゲームソフトを見たソフマップの店は空きビルとなり、

その2件隣りのジョーシンも閉店し、空き地となり、

道路挟んだ向かい側の中川ムセン本店は、ナカヌキヤになった後、

やはり空き地となり、高層マンションが建っています。

裏手にあったメロンブックスも移転しました。

街に活気はなくなりました。家電量販店はつぶれ、アダルトDVD販売店が増えました。

(今日、16時頃恵比須町のソフマップの新品美少女ゲームのフロアにいた

お客さんは、私を含め3人でした)

行き交う人も、昔は休日となればすれ違うのに苦労するほど人がいました。

(歩道の道幅が狭い)

今は余裕です。

名指しはいけませんが大阪駅前にヨドバシが出来てから、

この街のお店はどんどんなくなりました。

大阪北部・兵庫県・京都府の客のみならず、大阪南部の客をも吸い込んでしまいました。

家電を売る店は、今ではあまり多くありません。

オタロード周辺には活気がありますが、それも昔の恵比須町ほどではありません。

そのオタロードの中核店のうちのひとつ、まんだらけが心斎橋のアメリカ村の

タワレコ跡地に移転しました。

はっきりいって、オタロードのお店も決して好調というわけではありません。

だいぶん前にメッサンオーが進出しましたが、1年ももちませんでした。

ホワイトキャンパスも、オタロードの店舗は小規模なものです。

メイド喫茶も延べ100店舗くらい開店しましたが、

1年持たず閉店するお店が多いです。

将来どう変化するか・・・想像もつきません。

以下、引用(CLANNAD)

この学校好きですか?

わたしはとってもとっても好きです。

でも、なにもかも変わらずにはいられないです。

楽しいこととかうれしいこととか全部

全部変わらずにはいられないです。

それでもこの学校が好きでいられますか?

|

« 無意識という意識 | トップページ | ALIVE »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無意識という意識 | トップページ | ALIVE »